美髪成分が入っていても髪が傷む時

白髪染めを買いに行くと美容成分を配合している物も増えていますね。

どうしても刺激が強くなるので髪が傷むのは仕方ないと諦めている人も多いと思います。

白髪をそのままにするよりは、多少髪が傷む方を選んでしまいますが、髪を傷めずに白髪を染める方法もあります。

トリートメントタイプの白髪染めに変えれば、ほぼノーダメージで白髪染めができます。

大公開!白髪染めのすべてにも詳しくありますが、肌の弱い方はトリートメントタイプであってもきちんと成分をチェックしてくださいね。

ただし永久染毛剤は使用していないので、若干色持ちは劣ります。

しかし植物エキスや天然利尻昆布を原料にしているので、髪をいたわりながら白髪を染める事が出来ます。

美容液成分入りの白髪染めでもダメージヘアが気になる人は、トリートメントタイプの白髪染めを試してみてください。

色持ちは若干劣りますが、毎日使えば全く色が気になりません。

トリートメントタイプのメリットとして、生え際も継続使用で自然に染まるところです。

伸びてきても毎日少しずつコーティングするから、生え際だけ白く目立つ心配もありません。

トリートメント成分が髪のダメージを修復しながら、栄養補給をしてくれるので使うたびに髪のツヤやハリも戻ってくるのを実感出来ます。

化粧品と違って、ヘアケアは使ってすぐに効果を実感しやすいのもおすすめする理由です。

白髪染めとしての効果もしっかり果たしてくれますし、トリートメントとしても使えますので、普段使いにしている人も増えています。

色もある程度選べるので、自分の髪色や白髪の量に合わせてみましょう。